HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter2 『窮屈な日常』 2-11


(その場に似つかわしくなく、まるで普段着の、着ざらしで寝起き。

どう見ても、綺麗と言われる服装ではないと思ったが、

そう言いながら笑う、深い紺色の瞳と、真っ白な肌の夏樹の笑顔は、彩も同感するほど、

美しかった。)

「おはよう、二人とも、夏樹君に負けないくらい綺麗よ。」

(彩は、二人にウインクした。)

「「恋してますから!」」

(二人は彩にサインを送った。)

(彩は夏樹を見つめたが、夏樹の視線は、フロアにいた大臣たちの一団に向けられていた。)

「・・残念ながら、恋のお相手は気づいていないみたいね?」

(微笑み、小さな声で、カスミとスミレに囁いた。)

「「///!」」

***

「おや、生命科学研究所の彩所長がおいでだ。 相変わらず見目麗しい。」

(一団の真ん中にいる、小太りの大臣がニヤついた。)

「この後の会議で、じっくりお話を聞けるでしょう。」

(隣に居た、スーツの男が大臣に耳打ちした。)

「側に居る子供は何だ?」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ