HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter3 『僕の家』 3-3


(夏樹は、朝日の中、フロアに入って来た菖蒲の顔を見てほっとした。)

「・・今のは、時の欠片プロジェクトの参加大臣ですね。」

「おはようございます。 彩さん、会議に招集されたのですか?」

(襟元のネクタイが少し乱れ、あわてて来た様子が分かる。)

『この子は、夏樹君が困っているとすぐ来るのね。』

(彩は感心して、長身の菖蒲を見上げた。)

「ええ。 その前に夏樹君の健診に、お屋敷に伺うわ。」

「それに、菖蒲君が外出手続きに行っている間、

夏樹君を見ていてほしいって、聖君にお願いされたから。」

「! それで、エレベーター前に待っていたの?」

(夏樹は、涼しい笑顔をしている彩を見つめた。)

「ふふっ、思った通り。 あの人たちに声をかけられたでしょう?」

「聖君の通路を通ってくれれば、問題なかったのよ。」

(不機嫌そうな夏樹に、なだめる様に微笑む。)

「・・苦手なんだもん。」

(それを聞いて、菖蒲は思わず笑った。)

「くすくすっ。 子供みたいです、夏樹様。」

「うるさい・・。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ