HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter3 『僕の家』 3-6


「揺れが・・っていうより、聖の香水が。」

「まぁ。」

「揺れるだけならまだしも、むせ返るくらいなんだ。」

「ふっふっ。 私は好きだけど。」

「空間を移動する時、自分の場所を見失わないようにだって、

言ってたけど。 子供の頃、香りに酔った事あるんだ。」

(玄関の外、三人の行く手には、広がる大理石の石段が続いていた。)

(見上げれば、高々とそびえる本部が、朝の光を受け、眩しく建っている。)

「だから、こっちの道が好きだ。」

(本部を背にして、左側は、オフィス街へ道が続き。 右側には、大きな緑の木々が
生い茂り、涼しげな影を作っている。)

(三人は、右手に曲がった。 木々の下は、細いコンクリートの道。 
生い茂る緑で覆われ、
遠くまで続いている。)

「少し歩くけど、空間が木を巻き込んでいるから。」

「風も流れる。」

「行こう。 早く朝食が食べたいな。」

スゥッ

ピチャンッ

(スニーカーで一歩コンクリートの道へ踏み出すと、



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ