HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter6 『執事の本音』 6-11


「後で、夏っちゃんに届けてもらいたいものがある。」

「何でございましょう?」

(二人は、ガーデンを後にしながら、話した。)

「静乃君と僕の共同制作。 あと少しで仕上がるから、空間通路を通って。
分室から、夏っちゃんの乗る公用車に届けておいてくれ。」

「畏まりました。 しかし・・。」

「そのような贈り物。 夏樹様が受け取りますでしょうか?」

(大方予想が付いた橘は、苦い表情で微笑んだ。)

「んん?」

「大丈夫。 かわいく作ったから気に入るはずさ。」

「左様でございますか。」

(自信満々に嬉しそうな聖を見て、橘は微笑んだ。)

「私が思いますに・・、夏樹様が気に入られるか。 見た目の問題ではないかと

思われますが・・。」

「そうかな?」

(聖は気づいていないようだった。)

(橘は、思い返すように、話し出した。)

「どこにいても迷子にならないようにと。 この前お渡しになった、

子犬型の発信機も・・。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ