HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter7 『いつもの朝』 7-5


「おはよう。」

(数馬がテーブルから立ちあがった。)

「おはよ。 夏っちゃん!」

「食べたら、一緒にゲームしてっ。」

「わかった。 後でね、数馬。」

「おっす、夏樹。 待ってたぜ。」

「おはよう。」

(剛に声を返したところで、メイが側へ歩み寄った。)

「夏樹様っ。 どうぞお席へ。///」

「ありがと。」

(テーブルを横切る夏樹を見て、橘が微笑んだ。)

「今日は、お顔のお色がよろしいご様子、何よりでございます。」

「左様で。」

(時雨も、鋭く光る、黒い瞳で夏樹の様子を見つめた。)

「う・・、ああ。 そうだね。」

(むしろ、それが残念な事のように、時雨の声は暗く。 鋭く睨む視線に、
夏樹は思わず尻ごみしてしまった。)

(その視線は、国から派遣されている執事達を思わせるからだ。)

「時雨さん、夏樹様を睨まないでください。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ