HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter9 『行くぞ』 9-4


(手を引き、窓ガラスにもたれかかる。)

「はいはい。 規則ね。」

(ふてくされた夏樹に、菖蒲が説明した。)

「FOTが活動を許されるのは、結界の中だけです。」

「一応、私たちの目的が市内の偵察である以上、結界が未完成の場所で

自由に外部と接触することは・・。」

(菖蒲の説明は、ほとんど夏樹の耳に入っていなかった。)

サァァッ

(わずかに窓から吹き込む風に、夏樹は目を開けた。)

ブブーッ

ザワザワザワザッ

(街の喧騒と、人々の声が、耳に届く。)

(繁華街は、すでに多くの人が行き交い、賑やかだった。)

『ここが、新しい街。』

(夏樹に届く、風見市の風と、人々の足音。 笑い声。)

『何だか、わくわくする。 活気がある街だな。』

(信号が青に変わり、ゆっくりと走り出す車の中で。 夏樹は、出来るだけ
通りすぎる人々。 一人ひとりに注意を払った。)



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ