HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter102 『8月1日(継承)』 102-110


【我が願いは、“闇の王”に会うこと。】

【我が力と、命を懸け、守るべき“闇の王”に・・!】

【お前に・・、我が願い、叶えられまい・・。】

(ザキのあふれる悲しみが、向かう場所の無い想いが、波動となり、
辺りを振動させた。)

「俺は、会ったような気がするんだよ。」

「どこかで、そいつと。 会うような気がするんだよ。」

(ソラは水色の瞳を輝かせた。)

「俺が、王位を継げないならば・・。」

「俺が、必ず。 ザキ、お前の元に。 王を連れて来る。」

「約束する・・!」

「今、一時でも良い。」

「俺に、この国を守る、力を貸してくれ。

人は、光だけでは生きていけない。 必ず闇がある。

そこから、目を逸らす必要はない。」

「どちらにも、染まらない。

それが、正直な、俺だから。」

(水色の瞳は、穏やかに、ザキの青い瞳を見た。)



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ