HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter5 『美しいもの』 5-1


「さて。 診てみましょうか。」

(彩は、診察用具のならんだ個室で、夏樹と向き合い。 小さな丸椅子に腰かけた。)

「どれ、ゆっくり深呼吸して。」

(赤いマニキュアの指先で、小机の上の診察機器を操作し。 彩は自分の方を向いて、
すぐ目の前に座る夏樹をあらためて見つめた。)

「すぅ・・。」

(少し緊張気味に呼吸する夏樹の様子に、思わず見入ってしまう。)

(蒼白なほど真っ白な肌に、深い大きな紺色の瞳。 少しくせづく紺色の髪が、
額と、白い頬に流れている様子は。 幼さが残るものの、魅力的だった。)

「・・私がもう少し、若ければね。」

「は?」

(彩の小声の独り言に、夏樹の緊張が解けた。)

「何でもないわよ。 ふふっ。」

「どれ?」

(きらきらするネイルの指の両手で、夏樹の首元にそっと触れた。)

「ふむふむ。 相変わらず冷たいわね。 でも、昨日よりは良いかもね。」

「胸を診るわ。」

(服の下から、聴診器をあて、そっと耳を傾ける。)

(夏樹は、診やすいように。 ティーシャツを少しめくった。)



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ