HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter7 『いつもの朝』 7-1


(聖は再び、洋館に足を踏み入れた。)

キイッ

(味わいのある木製の床が、きしむ。)

サアッ

(ゆっくりと、流れる風。)

(窓の向こうから、緑の森を抜けて、聖の銀色の髪に、白いスーツの裾に優しく届いた。)

『夏っちゃん・・。』

『新しい街で、僕の願いが、叶うかもしれない。』

『僕に、力を貸してくれ。』

***

パサッ

チリンッ

(バスルームに入り、ティーシャツを脱いだ。 拍子に、首にかけた細い鎖が揺れ、
小さな金属音とともに、胸元に、小さな銀色の指輪が現れた。)

(顔色が悪いかどうかと思い、夏樹は目の前の脱衣所の大きな鏡を
見つめた。)

「このくらい、しかたないよな。」

(真っ白な胸元に、銀の指輪は、とてもシンプルで。 滑らかに優しく光っている。)

(見ると、小さな模様が彫られていて。 とても高価に見えた。)



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ