HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter7 『いつもの朝』 7-2


(それでも、四六時中、肌身離さず着けているので、
自分の一部のように馴染み。 夏樹はまったく意識に留めていなかった。)

(それよりも、鏡の中で見つめ返す、青白い自分の顔が気になり、ため息をついた。)

『能力のせいなのかもしれないな。』

ガララッ

(夏樹は風呂場へ行き、シャワーの蛇口をひねった。)

シャアアアー

『彩さんが、能力者によっては、いろいろな体質を持って生まれる人がいるって、

言ってた。』

『くすっ。 白もそうだな。』

『10時間以上寝ないと、能力が使えないなんて。 大変だ。』

キュッ

(早々にシャワーを切りあげると、たっぷりとお湯の入った湯船を横目で見た。)

「・・少し入ろうかな。」

ピチャン

(湯船に向かった夏樹の足は、シャワーを浴びた後でさえ、冬場外に立っていた人のように
冷えていた。)

(側にある湯船は、小さなサイズで。 その先の扉の向こうに、皆が入る大浴場がある。
ここは、夏樹専用のぬるま湯だった。)



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ