HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter7 『いつもの朝』 7-12


***

「「行ってきま〜すっ。」」

(紫苑は小さなクマのマスコットをつけた、茶色の皮鞄を持ち。 蒲公英の手を取り、
玄関を出た。)

(蒲公英は背中に、小さな鞄を背負い。 そこに白いウサギと、緑のカエルが揺れた。)

(どれも、桜の手作りだ。)

(2人の足取りの先に、青い空が広がっている。)

サアアッ

(眼下に見える、風見市の街並み。)

(向こうにうっすらと光り見えるのは、遠く青い海岸線。)

(紫苑の家は、桜ヶ丘に建っていた。)

***

(丘の上の頂上、真っ白な二階建てのアパートは、並んで、同じ形の棟があり。
玄関の外には、白いアーチが掛かっていた。)

(アーチには、snow dropと文字が描かれている。)

(賃貸予定の隣の棟は、今は誰も住んでいない。)

ガチャッ

「行ってきます。」

(誠司が、白い扉を開け、玄関の外へ出た。)



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ