HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter7 『いつもの朝』 7-11


(ワイシャツに、ネクタイ姿の誠司は、明るく微笑み。 家の中でも桜に対し
とても丁寧だった。)

トコトコッ

「・・ママ、パパ、紫苑おねえちゃん、おはよう。」

(小さな足音といっしょに、奥の寝室から、小さな女の子がテーブルにやって来た。)

「おはよう蒲公英。」

(紫苑は、蒲公英のコップに、ピッチャーからオレンジジュースを注いだ。)

「おはよう。」

(誠司も微笑み、蒲公英に、隣の席の椅子を引いた。)

「おはよう。 蒲公英ちゃん。」

(桜がかがんで、蒲公英の制服を整えた。)

(紺色のプリーツのワンピースは、風見ヶ丘小学校の制服だ。)

(胸元に縫いつけられたワッペンには、高校と同じ、一枚羽根の紋章と、
KAZAMIの文字が描かれていた。)

(桜は、蒲公英の襟元の、小さな赤いリボンを結びなおした。)

「かわいい? パパ。」

(蒲公英は、誠司に向かい、右の髪にとめた、青い小鳥型の髪飾りを自慢した。)

「かわいい。 桜さんに買ってもらったの? 良かったね。」

「うん!」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ