HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter8 『遅刻予定のアポイント』 8-10


「聖が何を望んでいるか・・。」

「封印を解くつもりじゃないのか?」

「あの日、起こったことから、避けて来たはずだった。」

「だが、それが欠片に関わることだと。

あいつは思っている。」

「違うか?」

(橘の灰色の瞳は、一瞬曇った。 しかし、すぐに穏やかな笑みを浮かべ、
いつもの温かさで見つめた。)

「晃様、私は、聖様を悲しませる様にはしとうございません。」

「誰の笑顔が、聖様を幸せにするのか。」

「誰より、存じております。」

(橘は微笑んだ。)

『橘は、俺には忠誠を見せないだろう。』

『それでも、橘の言葉は、本心だと思えた。』

「俺も力をつくす。」

(晃の黒いスーツが揺れ、FOT No.2と刻まれた、
金色のバッジが光る。)

「新しい街を守るために、

誠司も、力を貸してくれるだろう。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ