HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter8 『遅刻予定のアポイント』 8-9


(千波とメイ、橘が、玄関で見送る。)

(屋敷を出て、聖は外へ歩き出した。)

ゴオッ

シュンッ!

(聖の後姿は、すぐにその場に開いた、空間の風穴に飲み込まれて消えた。)

「さぁてっと、お片づけしなくちゃv」

「本部の夏樹のお部屋もちらかってるから、お掃除、メイちゃん手伝ってくれる?」

「はい! もちろんでございます。 千波さま。」

(メイと千波は、玄関を後にした。)

(四本の玄関柱の前で晃は少し歩幅を落とし、戻りかけた橘を呼びとめる。)

「橘。」

(橘は振り返った。)

「はい。 晃様。」

「お前はどう思う?」

(晃の切れ長の瞳が、深く、黒く。 穏やかな笑顔の橘を捉えた。)

「さぁ・・。 私には、聖様は時折、気まぐれでいらっしゃり。

全てのお気持ちを察する事は致しかねますゆえ。」

「嘘を言うな。 お前には分かっているはずだ。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ