HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter80 『太陽と月(月)』 80-8


モニターで見つめ。)

(破壊し尽された全車両が、夏樹の立っていた、1点に集中し、
落下し。 瓦礫と土塊が、山となっている様子に。 震えた。)

「・・計器が・・、振り切れてる・・。」

「夏樹くん・・!」

「・・夏樹くん・・!」

***

ピッ

「静乃さん。」

「この子、何組の生徒だろうね? 分かる?」

(夏樹は、瓦礫の中から身体を起こし、腕時計に応答して、
そっと。 腕の中に抱える、一人の少女を見つめた。)

「こんな子から、あんな大きな“闇”が生まれるんだ。」

「ふぅ。 “時の欠片”もそんなに大きくないのに、

どうしてだろうね?」

***

「・・! 夏樹くん・・っ!

良かった・・。 無事だったのね・・?」

[「聖が邪魔しなければ、もう少し楽だったのにな。」]



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ