HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter9 『行くぞ』 9-15


「着きました。」

(商店街近くの通りの横に、止まった。)

「行くぞ。」

カチャッ

(夏樹は、腕時計を素早く、手首に掛けた。)

ガチャッ・・

「あっ・・!」

(菖蒲がとめる間もなかった。)

(リムジンのドアに真っ白な手をかけ、大きなドアがゆっくりと開く。

ドアの向こうから、一息に
窓の外にあった、人々の喧騒と、明るい光が、夏樹へ押し寄せる。)

サアアーッ

(足元に、潮風をつかみながら、眩いほど明るい光の街の中に、
夏樹は強く一歩踏み出した。)

パタンッ

(夏樹が開けたドアが、勢いよく閉まる。)

ガチャッ

(菖蒲も運転席から降り立ち、すでに歩き出した主人の背中を見つめた。)

「くすっ。 執事がドアを開ける前に、行ってしまわれた・・。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ