HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter9 『行くぞ』 9-7


スピードを落とし。 車を走らせた。)

『初めて“闇”に出会った、あの日から・・。』

『僕は・・。 そんな日常を過ごしたことは無かったから。』

『誰にも、同じ経験をさせたくない。』

***

(夏樹の脳裏に、淡い記憶の断片が。 途切れ途切れに
フラッシュバックの様に映った。)

ゴォッ

『辺りは、ただ一面の暗闇。』

『そこがどこかは思い出せない。』

(幼い夏樹の、深い紺色の髪は、滴に濡れていた。)

(小学生程の夏樹が、大きく、瞳を恐怖に開く。)

「・・あっ!」

(暗闇は、小さな夏樹と共に、目の前に立つ人物を押し流した。)

(その人物が夏樹に触れていた温かな手は、一瞬の内に、夏樹から離れた。)

「母さ・・。」

***

『僕が思い出せる、最後の瞬間に。 暗闇に消える母の手に、
小さな銀の指輪が光ったことが。 印象に残っている。』



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ