HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter9 『行くぞ』 9-8


『柔らかに揺れる。 深い紺色の、短いソバージュの髪。』

『表情は、どうしても思い出せない。』

『恐怖だけが残り、あの日何が起こったのか、前後の出来事が思い出せない。』

『それでも・・。 失いたくない記憶だった。』

『忘れてはいけない気がした。』

『だから、僕は。 聖と行くと決めたんだ。』

『FOTのメンバーと、メンバーが認め、許された特別な関係者だけが。

“闇”に関わる、記憶を保持することを認められているからだ。』

『それに・・。』

『聖は、僕に約束してくれた。』

チリッ・・

(夏樹は、ワイシャツの上から、服の内側に隠れて見えない。
胸元にかけた小さな指輪を握りしめた。)

「菖蒲。」

(夏樹は、菖蒲の気遣いに気づき、微笑んだ。)

「“闇化”を防ぎたいな・・。」

「“闇”に遭遇して、その被害にあう事も防ぎたい。」

「橘さんに悪いけど・・、“闇化”してしまった人や、



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ