HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter10 『接触』 10-2


「来てくれたのね、佐織さん。」

「あ、いたいた先生。 打ち合わせしたい事ってなに?」

(飾らず、さばさばした性格の佐織は、静乃と気が合い。
まるで、友達のように、気軽に話した。)

「転校生が来るの。」

(静乃は、教員机の上から、出席簿を手に取り。 ドアへ向かった。)

「え?」

「うちのクラスに?」

(佐織は興味を持って笑顔になった。)

「ええ。 ご家族のお仕事の都合で。 この時期なんだけど。

急に決まったのよ。」

『・・嘘ではないわね。』

(2人は、廊下に出た。)

「ふぅ〜ん。 転勤ってやつね。」

「女の子? 男の子?」

(窓の多い廊下は、とても明るかった。)

(木製の床が、生徒たちの靴音に鳴り響く。)

「ふふっ。 男の子。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ