HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter10 『接触』 10-3


(静乃は微笑んだ。)

「ええ〜っ、楽しみ。」

(背の高い佐織は、凛とし。 静乃と並ぶと、静乃を見下ろすほどだった。)

(それでも、こんな様子を見ると、とても女の子らしいと、静乃は思った。)

「手を出しちゃだめよ。」

(静乃は、ウインクした。)

「なによ、先生。 自分は彼氏がいるからって。」

「ずるいじゃない。」

(佐織は、ぷりぷりし、サラサラとストレートの髪を揺らした。)

「難しい子なの。」

「たぶん、佐織さんのタイプじゃないわ。」

「へぇ・・。」

「残念。 カッコいい人じゃないのね。」

(2人は、廊下を抜け、隣の本校舎へ続く、渡り廊下へ出た。)

(一階にある。 右手側に中庭が続く、柱と屋根で出来た窓のない渡り廊下は、
緑の木々の匂いを通し。
季節を感じられる場所だった。)

(5月の日差しが、温かく校舎を包み込む。)

「ははっ。 ほんとに、佐織さんは面食いね。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ