HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter10 『接触』 10-5


「良いわよ。 そんな都合良く、彼氏候補が現れるわけないものね。」

(佐織は気を取り直した。)

「くすくすっ。」

「そうねぇ。 背は、高くないと思うわね。」

「でも・・。」

『かなりカッコいいわよ。 って言いたいところだけど。』

『そこは触れないでおきましょう。』

『夏樹くんには、目立たないで暮らしたいっていうモットーがあるから。』

「・・目立たないのが無理な外見なのよね。」

「え?」

「いえ、何でもないわ。」

(2人は、渡り廊下を渡り、二階の本校舎へ、教室へ続く階段にさしかかった。)

「クラス委員長の佐織さんに相談したいのはね。

転校してくるその子が、少しだけ打ち解けるのに時間がかかると思うから、

仲良くしてあげてほしいの。」

「普段はアルバイトが忙しくて、お友達付き合いをしている暇がないと思うから。」

『・・嘘じゃないわね。』

「ふぅ〜ん。 大変なのね。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ