HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter100 『涙』 100-114


爆風に、弾かれながら旋回し。 大聖堂の向こう、城の先を目指し飛んだ。)

「うっ・・うっ・・。 ひっく・・。」

(ソラの腕の中で。 ミイは目を閉じ。 泣いていた。)

「ごめんなさい・・、ソラ・・。」

「未来を変えられなくて。」

(ミイの言葉に、ソラの胸は締め付けられた。)

「ミイ・・。」

(ソラはミイを抱き。 眼下に広がる、国土の様子を見つめた。)

(高い空の上は、まるで、一時。 争いの現実から、切り離される様で。)

(事実と認めたくない、目の前に広がる景色が。 ソラの意識を麻痺させた。)

(上空は、静かに風が吹いていた。)

コォォォォーッ

(ソラの目は、風に滲み。 込み上げる熱い想いに、胸が詰まった。)

『現実だと、認めたくなかった。』

『俺の力は及ばず。』

『国土は、昨日と、一変していた。』

(ソラは、こらえ切れずに、泣いていた。 悔しくて。
涙を抑えることが出来なかった。)

「・・ああ・・・っ。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ