HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter100 『涙』 100-124


『空間通路の先を見つめ。 羽ばたいた。』

カッ・・!

ゴォォォォーッ

(二人を、光の柱が包んでいた。)

(崩れゆく、大聖堂の中。 人々は空を見上げた。)

「はっ。 “闇の魔女”が消えた・・っ!」

(騎士団の追いつめた剣の先に、魔女の姿は消えていた。)

(騎士団長カイは、舞い上がる黒煙と。 砂海へ流れ出た、“闇”を睨んだ。)

「行くか・・っ、ソラよ!!」

「“闇”を追って行け・・!!」

ゴオオオオーッ

(魔導師セナは、瓦礫の中、人々を守る魔法を施し。
力を注ぎ込み、倒れた女王サラを、抱きかかえ支えた。)

「サラ様・・。」

(サラは、大事ない意味を込め、微笑むと。 ゆっくりと深呼吸し、
セナの腕の中で。 かすむ瞳に、眩い光を感じて、手を伸ばした。)

「ソラは行ったのね。」

(サラの美しい指先の向こうに。 瓦礫の中で、咲き誇る花があった。)

「・・花は・・?」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ