HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter100 『涙』 100-139


「夏樹くんっ。」

(躊躇いがちに、紫苑が、向こうから砂浜を走ってくる。)

「ん?」

(夏樹は振り向き瞬いた。)

「あのっ・・/// この近くに、すごく綺麗な芝生の丘があるの。」

(夏樹はぴんと来て、微笑んだ。)

「ああ・・、前に紫苑さんの家族に連れて行ってもらった、風の丘草原?」

「そうか。 この近くなんだ。」

(紫苑が戸惑っている様子に、夏樹は笑った。)

「行きたいの? どうしようか。」

(佐織はぱっと顔を輝かせ。 手を叩いた。)

「ほらほら、二人で行っといで。 二人とも、料理得意じゃないんだからっv」

(夏樹は紫苑を見た。)

「そうなの?」

「器用そうに見えるけどな。」

(紫苑は思わず、佐織の言葉を否定するように、ぱたぱたと手で遮ったが。
正直な気持ちで、頬を染めた。)

「・・/// あんまり得意じゃないのっ。 ・・時間をかければ出来るんだけど・・///」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ