HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter100 『涙』 100-141


「うっし! 行くぜ!!」

「パーティー作戦・・。 開始っ!」

「「おお〜〜!!♪」」

(ソラの掛け声で。 駆、佐織、チイ、春人、ミイ、ピュアが拳を合わせた。)

(波音に、笑い声が弾け。 砂浜に響いた。)

***

(桜ヶ丘から離れた、風見市の外れにある、一際高い丘。
風の丘草原は、見晴らしが良く。 遠く、海まで見渡せた。)

(芝生の野原が、山を背に。 広大に続いていた。)

「すぅ・・。

広くて、気持ちいいな。」

(夏樹は、大きく息を吸い込み。 山から海へ、吹き抜ける風を感じ。
ふと立ち止まり、自分の中に眠る力に。 意識を向け。
心を抑えた。)

カチャッ カタタッ

(すぐ傍に、紫苑がいた。 紫苑は、夏樹の気持ちに気づかず。
うきうきと、可愛らしい小箱から。 道具を取り出していた。)

「絵を描くの?」

(芝生の上に、画材を広げ、楽しそうに。 集中し始めた紫苑に、
問いかけながら、夏樹も。 紫苑の隣に、腰を下ろした。)



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ