HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter100 『涙』 100-165


『僕に、その覚悟があるのか。』

***

「そこには、生きた人がいる。」

「だが、恐れるな。」

「俺たちには、守るべきものがあるということだ。」

(力強く言い放つ、晃の双肩に。 強い波動を感じた。)

***

「結界が無くなれば、他の能力者も近づけるってことか。」

(春人は、キャンプファイアを見つめ。 薪をくべ、ため息をついた。)

「“闇化”が止まったと思ったら、今度は、人間同士の争いかよ。」

「争いの種をなくしたところで、今度は、新しい種が、生まれるだけか。」

(駆は歯がゆい思いに、拳を打った。)

「強い願いが、あればあるほど。」

「人は、争わずにはいられないのか?」

「皆が、幸せになるなんて。」

「所詮は、きれいごとだろうか・・。」

(ソラは、静かに振り返り。 思いを馳せた。)

「現実にしてみせろよ。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ