HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter101 『8月1日(懐古)』 101-18


『だから、好きに生きるんだ。』

『大事なこと、失わせねー。』

「そんなこと、させたくない。」

(水色の瞳が煌めいた。)

「どんな手を使ってくるつもりか、しらねーが。」

「“闇化”は俺が止める。」

「“闇の魔術”、様になってきただろう?」

(ピュアにウインクし、ソラは天空を見上げた。)

「はいですっv/// FOTさまの結界だけでなくっ。」

「ソラさまの守りの魔法が、風見市をv 遊園地を守っていますですからっv///」

(ソラは笑った。)

「ふふんっ。」

「あとは、ここだ。」

「同じ過ちは繰り返さねー。」

「今度は、俺が守る。」

「戴冠式の時、

俺は、“闇の魔女の呪い”を防ぐため、“闇の魔導士”ザキと契約し、“闇の魔術”を得た。」

「けど、“光の魔導士”セナとの契約を、諦めたわけじゃねー。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ