HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter101 『8月1日(懐古)』 101-36


(夏樹は、記憶の中で瞬いた。)

(閉ざされ、抜け出すことの出来ない、雪景色の向こうに。)

(舞う花弁の中に。 その男はいた。)

(執拗に夏樹を追い、命を狙っている男だ。)

「フェルゼンの記憶か・・。」

***

「サラ様。 あの男に、気を許してはならない。」

(魔導士セナは、男の持つ気配に、警告した。)

(だがサラは、悲し気に水色の瞳を揺らした。)

「ルナ国の国土の様子。」

「酷いものです・・。」

「あれでは、人は生きてゆけない。」

「かの国は、すべての命の力を、エネルギーに変え。

高度に発達した文明を生み出したという。」

「国土の力を、人のために使い。」

「自然は、破壊された。」

「今では、人の命さえも、国土を動かす力に使っているのです。」

(サラは、戸惑い感じ入った様子のフェルゼンを見た。)



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ