HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter102 『8月1日(継承)』 102-104


「俺に、光の魔法が使えれば・・。」

(ソラは、自分の手のひらを見つめ。 握りしめた。)

「ソラさまは、本当は、“光の魔法”を使えるはずでした。」

(ピュアは、可愛らしいスカートを揺らし、ソラの隣に掛けた。)

「ピュア。」

(水色の瞳は、微笑み頷いた。)

「“闇の魔女”と戦うには、“闇の魔術”で対抗するしかありません。」

「“魔女の呪い”から、国を守るため、ソラさまは“闇の魔導士”と契約しました。」

(ピュアは、クリーム色の長い睫毛を瞬かせ、胸に手を当て、振り返った。)

「ソラさまは、“光の力”を宿すお方v」

「命に宿る力に反する力を、受け入れたのです。」

(ピュアは、エアリエル国でのことを思い返した。)

「二度と、光の魔術を使えなくなるかもしれないのに。」

(ソラは微笑んだ。)

「今は、両方の力が無ければ、きっと守り切れない。」

「例え、俺が光の王になれなくとも、

俺の中に眠る。 “光の鍵”を目覚めさせ、光の魔法を使えるようになれば・・。」

(それは、簡単ではないことは分かっていた。)



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ