HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter102 『8月1日(継承)』 102-115


「エアリエル国を救うためには、この世界から、“闇”をなくさねばなりません。」

(ピュアは頷いた。)

「“闇”を消すため、魔女を倒し、“呪い”を解く方法は、“鍵”を壊すこと。」

(春人は、不安げに尋ねた。)

「夏樹の中に眠る、“鍵”を壊せば。 夏樹はどうなる・・?」

(ソラは、静かに告げた。)

「そうすれば、夏樹の命はない。」

(春人と駆は驚き。 ソラを見た。)

「・・なんだって?」

(ソラは、頷いた。)

「“時の欠片”と同じく、“鍵”には命が宿っている。 それが夏樹を生かしている。」

「おそらく。」

(ピュアが続けた。)

「・・夏樹さまから感じる波動・・・。」

「あれは“闇の力”そのもの。」

「今は、ソラさまと“光の魔導士”セナさまの魔法で抑えられていますが。」

「・・夏樹さまが生きている限り。 “闇”は消えません。」

「夏樹さまのお身体・・。 あの冷たさ・・。 あれは、・・っ。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ