HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter102 『8月1日(継承)』 102-233


(白は、二人をかばいながら、衝撃に備えた。)

「時宗くんが、来てくれたんだね〜・・。」

「艶ちゃん〜・・。」

(白は身を低くし。 艶の耳元で、そっと囁いた。)

「・・時宗くんは〜・・、生きてるんじゃ・・ないのかなぁ・・?」

(艶は瞳を開いた。)

「何?」

(白は、微笑んだ。)

「・・《式神》は・・、術者が居るから。」

「動くんじゃ・・、ないのかなぁ〜・・。」

(艶の瞳から、涙が零れた。)

「え?」

(白は、艶の胸元に触れた。)

「探そう〜・・、ここから無事に戻れたら。」

「だから。 もう少し、がんばってね〜・・。」

(息を飲む、艶の瞳に。 白の笑顔が映る。)

「!」

(目も開けられない衝撃が、次の瞬間に訪れた。)



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ