HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter102 『8月1日(継承)』 102-257


ドッ・・!

(善の、鋭い青い爪が。
青葉の、白いワンピースの背中を、貫いた。)

(次の瞬間、青葉は、事切れ。
雨の降る、水たまりの中に。 ゆっくりと、倒れた。)

(白いワンピースと、長い髪が、舞う様子は。
永遠に思えた。)

ドサッ

(善の手に、握られている。 小さな“時の欠片”の輝き。)

(水たまりに、横たわる青葉の、背中に。
雨に打たれ、広がる。 赤い染みに。)

(閉じられた青葉の瞳に。 白い頬に、跳ねる、雨水と泥。)

(二度と、起き上がることは無いと。)

(夏樹には、分かった。)

「青葉っ!!」

ゴオッ!!

ドクンッ・・!

(強い風が湧き起こり、辺りを揺らし、善にぶつかった。)

・・ドウンッ・・

【あははははっ!】



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ