HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter102 『8月1日(継承)』 102-41


(ぱこは笑った。)

「知ってるよ〜、悪名高いもん。」

(だが、ぱこは手を差し出した。)

「あんた、面白いね。」

「まこは優しいから、しかたなく。 あんたの友達になってあげたんだろうけど。」

「わたしも、友達になっても良いよ♪」

(これには、晴もカチンとくるだろうと思われたが。
立ち止まったのは一瞬。)

(晴の、前髪に隠れて見えない表情は、
微笑んでいた。)

「べつに。」

(ぱこは、改めて自己紹介し。 三人は手を取った。)

「わたしは、朝日向 花子。 ぱこでいいよ。」

「・・早瀬 真。 まこって呼んで///」

(ぱこは、嬉しそうに。 まこの手を握った。)

「まこっ!

今日、すごい。 胸の奥がわくわくするのっ!」

「ぜったい、何かあるっ!///」

「すごい物語が、始まるわっ!///」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ