HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter104 『風の声』 104-138


(静乃は、機器を、身体から引き離し。 晃に駆け寄った。)

「すぐに手当てを。 しっかりして!」

(静乃は晃の背中を支え、晃の腕の中の二人を見た。)

「紫苑ちゃん。 見せて。」

「大丈夫よ。」

(静乃は、紫苑の無事を確認し。 紫苑が抱き締めている、
夏樹を覗き込もうとした。)

「晃。」

(時雨も晃に駆け寄り、晃を引き起こした。)

「時雨・・。」

(時雨は、夏樹を無事取り戻したと思い、腕の中の
夏樹を見たが。 想像以上の酷い状態に、言葉を無くした。)

「!」

(手の施せる状態には見えない。)

バシャシャッ

「・・夏樹くん・・。」

(紫苑は、夏樹の頬を、両手に抱いた。)

「紫苑ちゃん・・。」

(静乃は、二人を離そうとしたが、とても見ていられなかった。)



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ