HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter104 『風の声』 104-141


「・・夏樹。」

「・・・。」

(千波もまた、夏樹に起きた異変に気付いていた。)

(夏樹は、傷付き。 青葉を失った。)

(そして、最も大事なものを、もう一つ。)

(失っていた。)

***

「・・。」

(千波は、誰よりも、そのことを感じていた。)

(夏樹に起こった変化がなければ、夏樹の心身と強く繋がっている、
千波が、ダメージを受けずに居られるはずは無い。)

「何が起こったの・・。」

(夏樹の双子の姉、千波は。 能力者ではない、普通の人間だった。)

(だが、夏樹を想う千波の心は、
いつも夏樹と繋がり。 夏樹の状態を、自らの心と身体に
感じ取っていた。)

「帰って来て、良かった。」

「だけど・・。」

(千波は、瞬間立ち止まり、自身の胸元に触れた。)



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ