HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter104 『風の声』 104-173


(湊吾の隣に翼が立ち。
赤城に銃口を向けていた。)

(翼の部下たちは、一斉に。
赤城と、赤城の部下を取り囲み。)

(全員が手にした銃口が、赤城に向いた。)

「ああ?」

「お前。」

「誰に、銃を向けた。」

(翼は、
気分を害したように、
赤城を睨みつけ。)

(サングラスの奥の鋭い目が。
にやりと笑い。)

(倒れたままの、赤城の胸に。
膝を突くと。)

(その頬に、拳銃を押し付け。
覗き込んだ。)

「ここに居られるは。」

「隣国の“女王”だ。」

「“横濱”の命に背き。」

「生きて帰れると、思うなよ。」

がチリッ



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ