HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter104 『風の声』 104-68


(勝の心が、チャンスが来たと。 高鳴っていた。)

「滝川・・?」

(反対に、誠司は警戒し。 体勢を整え、足元を踏み締め。
青木と呼ばれた男を見つめた。)

(自分たちを、違法な者として、排除しに来た可能性もある。)

(だが、議事堂の内部を知る者であれば、夏樹の情報を聞き出したい。)

「夏樹君に会わせてください。」

(誠司が言い終わる前に、青木は、誠司を制止するように、
手のひらを、誠司に向け。 言葉を遮った。)

「・・正面から。 連れ戻すことは、危険です。」

「地下へ。 “道”が通じるのを、待つしかない。」

(青木の表情は硬く、真意を読むことは、難しかった。 だが、
その目が見つめるものは、ゆるぎなく。 誠司は、青木は信じられる人物だと感じた。)

「だが、地下牢は。 人間でなければ、踏み込めない場所だ。」

「春日誠司殿。 羽沢勝殿ですね。」

「お二人には、扉を開く役目をお願いしたいと。」

「滝川先生が申しております。」

(誠司は瞳を開いた。 罠である可能性はある。 だが、誠司の心と身体は、
それを求めていた。)

「息子を救い出したい。 私に出来る事ならば。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ