HOMENovel

Novel 【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 空と夏樹の物語】

Chapter105 『風と共に』 105-271


「ごめんなさい。 涼くん。」

(紫苑は、涙を浮かべ。 涼に告げると。)

(桜模様の傘を揺らし、涼の傍を離れた。)

タッ・・

パシャンッ・・

「・・・っ。」

「くそっ。」

(涼は、絶望的な思いで、紫苑を見送った。)

(雨は、降り続いている。)

(それなのに、紫苑の瞳は、迷い無く輝いていた。)

ザーッ・・

(涼に、勝ち目はないように思えた。)

(涼の胸は、強く傷んだ。)

「何でだよ・・。」

(紫苑は、涼と離れ。 桜ヶ丘の入口へ。 雨の中、
両脇に続く、桜並木の間に。 照らされる、街灯の向こう。)

(FOTの空間通路が開く先を。 夏樹の帰りを待ち、見つめた。)

バシャンッ・・!



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ