HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter12 『届いた物』 12-4


「おう。」

(剛は、大きな身体を屈めた。)

「きれいでしょう?」

(彩は、剛の背中から、覗き込んだ。)

「眩しいな。」

(剛は、興味深げだった。)

「良く見て。」

(彩は、剛に近づいた。)

「ん?」

(剛がじっと見つめていると。 眩く光る、光の屈折の中に。
一瞬。 数秒の間に、何かが横切った。)

「何だ今のは?」

(瞬きする間に、見失ってしまったそれは。 まるで、黒い小さな煙か。
水面に流れ出た、黒い液体の様に見えた。)

「“闇”の痕よ。」

「こんな美しい欠片の中にも、消えずに残っているの。」

「これを取り出すことが出来れば、欠片の有効利用や、“闇”を解明する事のきっかけに

なるはずよ。」

「医学に活かせるかもしれないの。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ