HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter14 『窓際の席』 14-15


(静乃は、3人にウインクした。)

「きゃ〜っ、やったね!」

(佐織が声をあげた。)

ガラッ

「何だよ。 佐織。 オレの隣が良いのか?」

(突然教室から、女子3人の会話に、割って入る男子がいる。)

(佐織より背が高い男の子は。 短い茶色の髪に、制服を雑に着こなし。
見るからに体育会系で、明るく。
良く日に焼け、スポーツをしている人の香りがした。)

「何よっ、駆っ! 今は、秘密の密談中よっ。」

「男子は入って来ないで。」

(佐織は、クラス内で。 唯一自分より背の高い駆に、肘でどついた。)

「あっはっはっ! 密談にしては、声がデカイだろっ!」

「オレを一番後ろの席にしてくれ。 背がでかいから。 という名目で、

ほんとは、たまに寝たいからだ。」

「くすくすっ。 駆君ったら。」

(思わずチイが笑った。)

「くすすっ。 先生に言うなんて、勇気あるね?」

(紫苑も笑った。)



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ