HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter17 『面影』 17-13


「・・きっと、今も。」

(誠司は、遠い記憶の。
小さな、深い紺色の瞳を思い出した。)

「“闇”を無くしたいという事と、同じくらいに。

僕は、そんな世界を作りたいと思っています。」

「今は、私一人でも。」

「必ず、世界は変わってゆきます。」

(誠司は、優しい瞳で微笑んだ。)

***

バタンッ

(市長室のドアが閉まり。 2人の能力者は、その場を去った。)

(室内に残った三笠は、やっと心からほっとした。)

「・・市長。 このバッジをもらってしまった限り・・。

どうやら私も、逃れられない運命ですなぁ・・。」

(テーブルの上のお茶を片づけながら。
三笠は、自分の茶色のスーツに留められた、小さなピンバッジを見た。)

(赤い片羽根に。 Secrecyの文字が刻まれている。)

(それは、関係者に配られる。 最低限度の記憶保持許可を意味していた。)

「その様ですね。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ