HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter19 『甘い誘惑』 19-2


「いつものところへ行く?

あのお店の紅茶。 とっても美味しいよね。」

(隣で、小柄なチイが微笑んだ。)

(焦げ茶色にカールした、短い髪が品良く。 茶色のリボンで留められている。
小さな頬に、丸い穏やかな瞳が優しげだ。)

(白いブラウスの胸元に赤い小さなリボンを留めている。)

「ハーブティーに、しようかな?」

(微笑んだ。)

「紫苑は・・もちろん?」

(佐織の問いかけに、紫苑の頬が紅潮した。)

「ストロベリーカフェの、いちごスペシャル〜v」

(嬉しそうに、軽やかに
ステップを踏む。)

「行こう、行こうっ〜♪」

(紫苑は、2人の腕に飛びついた。)

「ふふっ」

「あっ! 紫苑〜。 わたしが先よっ。」

「ひっぱらないで〜っ。 もうっ!」

(2人は、紫苑に引かれ、ストロベリーカフェへ急いだ。)



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ