HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter28 『姉弟』 28-14


メイさん。 心配させてごめん。

僕は大丈夫だから。」

(そう言って、微笑んだ事が、メイには反って良くなかった。)

「ああ・・っ。

夏樹様・・っ!」

ピシューッ

ガコンッ・・

(メイは、赤らんだ頬から。 微かに蒸気を上げ、
そのまま後ろに卒倒した。)

「きゃあっ。」

ガチャンッ

(千波が支える間もなく。
メイは、金属音をたて、白い湯気と共に。 すっかり目を回してしまった。)

「ああ・・。

蒸気が引いたら、少し。

油を注してあげた方が良いかもしれないな。」

「そうですね。」

(普段、そんなに気にしてはいないが。
オーバーヒートしたメイを見て、夏樹と菖蒲の二人は、
メイがアンドロイドだと。 改めて実感した。)



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ