HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter28 『姉弟』 28-3


「ん・・。

彩さん、聞いたんだ?」

「そうなんだ。

事の流れで・・。」

「流れで?

くすくすっ。 大変ね。 まぁ、がんばって。」

「・・・。

彩さん、応援する気ないでしょう?」

「あら、そんな事ないわよ。

ただ、ちゃんと健診には来てね。」

「・・別に、具合が悪いわけじゃないから。」

(気に留めない夏樹に、彩が念を押した。)

「低体温が、気になるでしょう?」

「気づいていると思うけど、

あれって、結構。 周りにも影響するの。」

(彩が変に深刻な顔をするので、夏樹も気になり、
振り向いた。)

「え?」

「寒いのよ。 周りに居る人たちが。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ