HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter32 『柔軟』 32-12


『どうしましょう・・。 誠司さん・・。 だまっているなんて、大変ね。』

(桜はぐっと、気持ちを抑えた。)

「あの・・?」

(夏樹は、桜がまだ怒っているか、心配しているのではないかと思い、
不安そうに見たが。)

(次の瞬間、桜は満面の笑みで微笑んでいた。)

「さぁ!

落ち着いたら、さっそく、お部屋の中を案内するわね。」

「あら、後ろの方は?」

(桜は、玄関の外に居る。
長身の人影に気づいた。)

「失礼致します、申し遅れました。

私、夏樹様のお世話をさせて頂いております。」

「執事の菖蒲と申します。」

(菖蒲は、玄関の前に進み出て。
左手を胸に当て、桜に丁寧にお辞儀した。)

(玄関の灯りの下で、黒の燕尾服が艶やかに光る。)

「まぁ・・!」

「執事さん?」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ