HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter35 『遮るもの』 35-1


シュウッ・・

コオッ

(数馬と蒲公英は、静乃に連れられ、桜ヶ丘の上まで、空間移動して来た。)

(丘の上の二階建ての建物の前で、
静乃は蒲公英の母である桜に迎えられ、蒲公英を見た桜は、とても安心した様だった。)

「へぇ〜っ、ちびの家って、ここなんだ〜。」

(数馬は、目に着かない場所に離れ。
遠くから。 一人。 蒲公英が、母に迎えられる様子を見ていた。)

(小さな身体に。 カラフルなスニーカー、カラフルな半ズボン。
いくつものマスコットやバッジが、アレンジした制服に付いている。)

(茶色のふわふわした髪に、仄暗い街灯の下で、
かわいい帽子に付いた、ピンバッジや、
FOT No.8と刻まれた赤いバッジがきらきら光った。)

「ママーっ! ただいま〜!」

(数馬のところまで聞こえる元気な、蒲公英の声が。
夜道に響いた。)

「・・ん。」

(数馬は、玄関の明かりの下で、
蒲公英が、桜の腕に抱きしめられる様子を見つめた。)

「ガキだな〜、ちびはっ。」

(言いながら、数馬は、被っている帽子に触れた。
数馬の胸に、寂しい気持ちが。
込み上げた。)



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ