HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter44 『相容れぬもの』 44-10


「石垣・・。

出来ない事を、言うべきじゃない。」

(聖が口を開いたので。 重役達は、息をひそめた。 聖の、流れる様な銀髪が、
背中を起こした聖の肩に。 サラサラと流れた。)

「権限があっても、能力者が怖くて。

それが出来ないから、僕に預けているんだろう?」

「誰が許すとも。

僕が、夏樹を連れ出す事を、許したりはしない。」

(鋭い金色の瞳の視線に、首相は、僅かに怯み。 光の無い瞳を歪めた。)

「責任を持って預かるという契約の中に、研究の為なら、

時々手放しても良いなんて、書かれていなかったと思うよ。」

(金色の瞳が揺れ、聖は笑った。)

「彩。

お前も同意見か?」

(首相は、冷たい視線を彩に向けた。)

「ええ。 そうね。

まだ、夏樹君の持つ力が何なのか。 は、分かっていないのだから。

下手に手を出すべきではない。というのが、私の見解よ。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ