HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter44 『相容れぬもの』 44-19


バタンッ

(聖は、本会議室を後にした。)

(本会議室前、黒扉の向こうに。 橘が待っていた。)

トッ

(英国紳士風の老執事は、聖を見ると。
丸眼鏡の奥の灰色の瞳で、穏やかに微笑んだ。)

「お帰りなさいませ。

聖様。」

「会議は、如何でございましたかな?」

「・・退屈だよ。」

「ほっほっ。

左様でございますか。」

「では、彩殿は如何でございましょうか?」

「ん?

そうだな。 今日も綺麗だったよ。」

「ほっほっ。 その様な事ではございませぬ。」

「くっくっ。 分かっている。

ここで、僕に聞くなよ。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ