HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter44 『相容れぬもの』 44-6


パサッ

(彩は、手元の資料を開いた。)

「これは、欠片の保持者が、夏樹君と接近し、風の力に触れた瞬間から、

闇が発生するまでの様子を捉えたデータよ。」

(資料には、複雑な波形が、いくつも描かれ。 映し出された数値は、急激に、
人体に、大きな変化がもたらされた事を示していた。)

(複雑にいくつも並べられた化学式を、読み取れる者は、重役の中にも居なかったが。
描かれた波形が、示す意味は、読み取れた。)

(風の軌跡を辿り、逆流する様に、闇のエネルギーは。
夏樹に向かい、噴き出していた。)

「瞬時の出来事で、エネルギーの波動は、どちらが先行していると

見分けが付きにくい物。 けれど、風の軌跡と、闇化のエネルギーは、

ほとんど重なっているわ。」

「夏樹君の後を、追いかけているみたいにね。」

(彩は微笑み、資料を閉じた。)

「欠片が、なぜ一部の、人の体内に眠っているのか。

闇が生まれた原因、それに、なぜ闇化が起こるのかは、

はっきりと今だ、原因を突き止められてはいないわ。」

「けれど、少なくとも。



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ