HOMENovel

Novel ストーリー【* Fragment of Time * 時の欠片の道しるべ * 夏樹の物語】

Chapter55 『時の流れ』 55-2


「兄様っ・・、艶じゃ。」

「今、知らせが来たのじゃ! 兄様のところへ、届いたか?」

(艶は、屋敷の2階の廊下の、端から二番目にあるその部屋の。
扉の前で、大きな声を出した。)

(サラサラと流れる整った黒髪が、急停止した艶の、紅潮した頬に流れ。
閉じられた大きなアンティーク扉を見つめる。 大きな丸い漆黒の瞳は。
きらきらと期待に輝いていた。)

***

「・・ん・・。」

(ドアの外に響く声に。 晃は目を開けた。)

(静かに寝がえりを打って、そっと。 時計に目をやる。)

「・・。 ・・さっき寝かしつけたばかりな気がするが。」

『夜は、じきに明けるな。』

トッ

(晃は、ベッドから出て、窓際に歩み寄り。 鍵のかかった窓を開けた。)

ガチャッ・・

「楓か。 心配しなくても良い。 艶を先に、空間通路で送り届ける。

俺は、いつも通り。

歩いて行く。」



『 次ページへ 』 『 前ページへ 』
このページのトップへ